二重整形で目の形が変になったら?失敗したときの対処法

二重整形は気軽にできる施術として人気を集めています。美容クリニックも施術が受けられやすいようにキャンペーン企画やアフターケアサービスの充実など、様々な工夫をしています。しかし、二重整形の体験談には、整形後に目の形が変になってしまった、という声も少なくありません。

ここでは、二重整形が失敗する原因と対処法についてご紹介します。

二重整形で目の形が変になる原因

二重整形で目の形が変になる原因として挙げられるのが、時間経過による施術効果の薄れです。二重整形には様々な施術方法がありますが、近年人気を集めているのが埋没法という施術です。

埋没法は、まぶたの皮膚と筋肉を医療用の糸で結びつけ、二重を作るという施術内容で、従来の切開手術などに比べると、患者への負担が少ないという利点があります。また、施術時間も10分から15分程度と短く、価格もリーズナブルなため、二重整形は埋没法を選択する方は多いです。

更に、埋没法はまぶたの裏側から糸を入れるので傷口が全く見えず、自然な仕上がりで腫れも少ないのですぐに日常生活に戻れる、という利点があります。

このような理由から、埋没法は二重整形の中でも人気を集めている施術なのです。しかし、メリットだらけに見える埋没法にもデメリットはあります。

それが、時間経過による二重幅の変化です。

埋没法は糸でまぶたの皮膚と筋肉を留めているだけなので、時間が経つにつれ段々と糸の力が弱まりまぶたは垂れ下がっていきます。すると、二重の幅が狭くなり、目の形が変になってしまうのです。時間経過と共に最初の形から変化してしまう埋没法は、目の形が変になる大きな原因の一つであり、多くの方が悩みを抱えているものです。

しかも、完全に元の形に戻ってしまうケースだけでなく、糸が中途半端な位置で止まってしまい二重はあるけれど幅がおかしい、というケースも起こりうるのです。

仕上がりが自分の希望と違う場合も

二重整形で目の形が変になる原因として、仕上がりが自分の希望と違うという点も挙げられます。二重整形は医師が患者のまぶたの状態を見て、その人に合った施術を行います。このため、自分の希望の形とは違うものになることも多いのです。

医師としては自然かつ無理のない範囲内で患者の要望に応えた施術内容だったとしても、患者が「変だ」と思ったらそれは失敗だと判断されてしまいます。患者と医師のイメージの乖離は、整形手術に置いて珍しいことではありません。

手術前には、しっかりとイメージのすり合わせを行いましょう。また、患者側がイメージをしっかりと作ることができず、なんとなく手術を受けてしまい術後に形がおかしい、となってしまうケースもあります。仕上がりのイメージをしっかりと持ち、医師に正確に伝えるのは患者が行うべきことです。

なんとなく二重にしたい、という理由で施術を受けるのではなく、自分の仕上がりイメージ、こんな風になりたいという希望を持ち、それをしっかり医師に伝えましょう。二重整形は決して安い施術ではありません。後悔がないよう、自分の納得できる形で施術を受けましょう。

整形を繰り返すのは危険?

二重が変になってしまった場合、もう一度整形して二重幅をキレイに作り直す、という方法もあります。しかし、繰り返しの整形は患者にとって大きな負担となります。ダウンタイムが少なく施術内容が患者にとって負担が少ない、という埋没法でも、繰り返しの施術は肌に大きな負担となります。

特に、目の周りの皮膚は他の部分より薄いので、施術自体がダメージとなり蓄積され、シワやたるみ、しみといった肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。また、目元の整形は目の粘膜に触れるもので、繰り返しの整形は目の粘膜にもダメージが及び、視力に問題が出る可能性があります。

安易に整形を繰り返すのは危険です。前の整形が上手くいったからといって無理矢理な整形を行うと、原形すらなくなり二重が変な形になる、という問題だけでは済まなくなるかもしれません。ただし、一度整形をしたらといって必ずしも理想の目元が手に入るわけでもありません。

近年は技術の発展により大きな事故は減ってきましたが、それでも失敗例はゼロではありません。整形はこれらの大きなリスクと共にあるということを、常に念頭に置いておきましょう。


二重整形で目の形が変にならないようにする予防法

二重整形で目の形が変にならないようにするには、施術前にしっかりとしたカウンセリングが必要となります。カウンセリングでは、どのような形の二重を希望しているか、まぶたの皮膚の状態を確認した上で医師が提案する二重の形、この二つを擦り合わせていきます。

術後に「目の形が変になってしまった」と後悔しないよう、カウンセリングでの医師とのすり合わせはしっかりと行いましょう。二重整形は決して安い値段の施術ではありません。自分の納得できる形で施術を受けるように、前準備はしっかりと行っておきましょう。

施術後の医師の指示に従うのも大切です。日常生活の中で気を付けるべきこと、例えば洗顔方法や入浴方法、メイクをするうえでの注意点など、施術後の患部を守り二重を維持するために医師から様々な指示をされます。これをしっかりと守り、術後の目元にダメージを負わせないようにしましょう。

間違えたケア方法をしたり、医師の指示に従わず患部を刺激するようなことをすると、炎症や腫れなどのトラブルに繋がります。場合によっては二重の幅が変になる原因になりかねないので、医師の指示にはきちんと従いましょう。

もし二重が変な形になってしまったときの対処法

二重整形を受けた後に目元が変な形になってしまった場合、まずは施術を受けた美容クリニックへ相談をしにいきましょう。時間経過による施術効果の薄れの場合、現在のまぶたの状態を確認しながら、もう一度整形を受けるかどうか相談することができます。

施術後にケアが足りず目元に異常が出てしまった場合、クリニックで適切な治療を受けることができます。まずは整形をしたクリニックへ行き、原因と対処法を探しましょう。もし対処できないという場合、他のクリニックで治療を受けるという選択もあります。

近年では生計を受ける方の増加に伴い、術後の仕上がりに不満を持つ方も増加しています。これに対応してくれるクリニックも増えているので、二重整形に強いクリニックを探して受診してみましょう。